エステル記5章〜10章 archive

時田直也の聖書朗読ライブ
2107/08/09 エステル記 5章〜10章
Ustream アーカイブ
http://www.ustream.tv/recorded/106702732

エステル、王とハマンを招待する/
モルデカイ王から栄誉を受ける/
ハマン、失脚する/
ユダヤ人迫害、取り消される/
ユダヤ人の復讐/
プリムは運命の祭り/
モルデカイの栄誉/


 

エステル王妃 国法に反して王の前に・・・

ユダヤ人全てを抹殺する王の命令がペルシャ全土にに通達され、悲嘆にくれる中、「死ななければならないのでしたら、死ぬ覚悟でおります」この覚悟を持って、王妃となったエステルは定めに反し、クセルクセス王の前に出る決断をする。
王のエステル王妃に向けららる対応は?! ハマンのユダヤ人抹殺の計略の行方は・・・、
19:00start 朗読ライブで!!
http://ustre.am/1nEdb にて配信

ミニ知識 聖書66巻の中で「神」「主」という言葉が出てこないのが、「エステル記」と「雅歌」


 

土曜の午後はHYMNS ご連絡

今週末、8月12日(土)13:30start  at 青谷福音ルーテル教会
そよ風ミュージックルーム「土曜の午後はHYMNS」
暑い中ですが、休まずに歌いましょう!!
お気をつけてお越しください。

曲目は
♪つかれしものよ ♪いざ歌えともよ ♪つかれたるものよ ♪神の気息よ ♪つかれし心をなぐさむる愛よ

#musicroom #賛美歌


 

来年の は な し

来年の話をすれば鬼さんが微笑んでいるでしょうか・・・ ^^
2018年(平成30年)1月27日(土)新潟県上越市でコンサートの予定です。お近くの方、どうぞお楽しみに!!
詳細は後ほど


 

心を休めることのできる場所が・・・

「ふれあいコンサート」時田直也さんの歌を聴いて・・・

*私は目が見えます。でも時田さんは、目が見えません。だから、このふれあいコンサートを聴いて、とても感動しました。特に心に残ったのは「菩提樹」「ふれあい」です。その曲、その曲の間のお話も、心を強く打たれるものでした。「菩提樹」はドイツの歌手が唄った歌で、旅人のお話でした。私もあんな菩提樹のように、心を休めることのできる場所があったらなぁと思いました。ドイツ語と、曲の前に聴いた曲の意味とが時田さんのバリトンときれいに調和して、本当に心が和みました。
もうひとつ、心に残った「ふれあい」はその曲の前の酔っぱらったおじさんと時田さんの会話の一説。おじさんは居場所がないと言っていました。でも時田さんは、歌の前のお話で「みんなそれぞれ何か役割をもっている」と。その言葉に私は強く、胸をうたれました。私が死んで苦しむ人なんて誰も居ない、私が死んで悲しむ人なんて誰も居ない。頭の片すみで眠って居たその感情が、少しずつ、少しずつ薄れて行く感じがしました。
「お前が生まれてきて本当にうらしかった」私も親に言われた事があります。あまり気にもならなかったのですが、このコンサートを通して、授かった生を喜び、生きていきたいと思います。

中学校 junior high school 感想 animpression
#人権コンサート #教育 #concert #講演会 #かけがえのないあなたへ


 

将来何かの役に立てるような人になって・・・

「ふれあいコンサート」時田直也さんの歌を聴いて・・・

*時田直也さんの歌を聴いて目が見えないのにすごいと思いました。ピアノをひいている事にもおどろきました。けんばんが見えないのに、あんな風に上手にひけるのは、とてもたくさんの練習をしてきたんだろうなと思いました。
時田さんが歌ってくださった曲は知っている曲が多く楽しむ事ができました。時田さんは「目が見えないことは不便だけど、不幸ではない」と言っていました。今まで目が見える人の何倍も苦労してきたはずなのに、そんな風に思えるのはとってもすごい事だと思いました。
色々と考えて、悩んだ中で音楽の道に進む事を決めて立派な時田さんのように、私も将来何かの役に立てるような人になって、時田さんのように多くの人に良い思いをしてもらえるようになりたいと思いました。

中学校 junior high school 感想 animpression
#人権コンサート #教育 #concert #講演会 #かけがえのないあなたへ


 

目に見えないものをくれました

「ふれあいコンサート」時田直也さんの歌を聴いて

*先日は素晴らしい演奏をありがとうございました。目の不自由な時田さんがくれたすばらしい演奏と時田さんのこれまでの人生のエピソードを聞いて目には見えないものをくれました。それは勇気、努力です。
「目が見えないのは不便ではあるが決して不幸ではない。」と時田さんが言ったとき、私は時田さんは私よりもはるかに勇気をもっていて努力していてその分、大きな幸せを掴んでいるのだと思いました。
私は時田さんのように大きな幸せをまだ自分でつかんでいません。でもこれから努力して言ってたくさんの幸せを見つけながら大人に近づいていきます。
辛いことがあったらまた時田さんのことを思い出します。演奏も心に中に響いてきてとってもすばらしかったです。本当にありがとうございました。

中学校 junior high school #感想 animpression #人権コンサート #教育 #concert #講演会 #かけがえのないあなたへ


 

感覚の鋭さを実感しました・・・

「ふれあいコンサート」時田直也さんの歌を聴いて・・・

*最初、時田さんの声を聞いた時、その声が自分の中でとても響いた感じがした。今まで初めて聴いた声だったので心の中でとても驚きました。時田さんの話を聴いた時も、驚いた。障害者とは思えないほど、元気のある声だったからです。本当に目が見えていないのか?と、うたがいたくなるほどでした。
一曲目の「野に咲く花のように」を聴いている時、とてもピアノがうまいなと思いました。僕でも普通にひくのはむずかしいのに、時田さんは鍵盤が見えていなくても引けていました。しかも、普通にひくのではなく、歌いながら、むずかしい曲の演奏をやりとげていたので、ものすごい練習したんだろうなと思いました。これが障害者の力かと思いました。
だいたい九曲目が終わったころ、時田さんは最後にみんなで歌うはずだった「翼をください」を歌うことに変更しました。そのとき、時田さんの感覚の鋭さを実感しました。なぜならちょうどその時ぐらいに、多くの人の頭がさがっていたからです。おそらく拍手の音で、みんなの状態を感じとったのだと思います。
僕はこのコンサートで、自分達より障害者の人達の方がすごいんじゃないか?と思いました。時田さんのような人達は、体の一部に障害があるので、不便な面はあるかもしれませんが、その分、努力の力はものすごいものだと思います。それにくらべて自分達は、楽な生活をしているゆえに、努力をほとんどしていないと思います。
だから僕はこれから、時田さん達と同じくらいの努力をして、生きていきたいと思いました。

#人権コンサート #教育 #concert #講演会 #かけがえのないあなたへ #中学校 #junior high school