昨日、今日、明日に思いを馳せて【風ふく道で】

1月17日 あの阪神淡路大震災から27年!

私も61歳と2ヶ月余り。

震災の日のことを思い起こすと、よくここまで生きてきたものだと感慨にふけりますが、時の流れとともに震災のことを考えない日が段々と増えてきているのも事実です。

忘れている訳ではないのでしょうが、やはり時の流れというのは恐ろしいもので他のことに思いをいたしている内に風化してしまうのではないかという気持ちも起こります。

今日は自宅で淡々としています。

コロナの影響でコンサートが延期になり、ちょっと落ち込んだりしています。

これからどうなっていくのかと考えている一方で震災のことに引き戻されて、正直なところ今の心は行ったり来たり、また行ったり来たりを繰り返す日々です。

もうすぐ18日、新しい日がやって来ます。

いつも通りの平和な時を今かみしめながら、これからも同じような日々を送っていくことでしょう!

「その日その時は誰も知らない」という聖書の言葉を味わいながら、命の厳粛さを味わいたいと思います。


Movie・・・▷▷▷

北風吹く中で・・・【風ふく道で】

コロナ第六波進行中ですが、風に吹かれながらも風邪に捕まらないように気をつけて参りたいと思います。

1月、年初めのYoutube Play List 北風吹く中で お聴きください

冬の歌を選んでみました
見上げてごらん夜の星を 冬の星座 北風小僧の寒太郎 雪の降る町を しあわせ運べるように 九十九匹の羊 Deep River


Youtube 時田直也 Br & Pf チャンネル ・・・▷▷▷

Movie 新着情報・・・▷▷▷

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます
A Graceful New Year !

昨年は大変お世話になりましてありがとうございました。新しい年も心を込めて歌い続けてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。2022年が貴方様にとりまして実り多き年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

      今年も応援しま~~~す
は~~んし~~んタイガ~~~ス
フレ フレ フレ フレ~~~♪

 

▲▲▲  年始早々 ^o^  

  2021/12/26 Baritone Recital マタイ福音曲

 有料ライブ配信中 + DVD 2022 / 1 /  1~10 ¥3,000

 【申込・問合せ 】baritone@naokaze.com   078-291-8845
時田直也WEBshop ・・・▷


 

ご来場いただきましてありがとうございました【風ふく道で】

この度は「マタイ福音曲」Baritone Recitalにご来場いただきましてありがとうございました。

コロナ禍が続き、寒さの厳しい中でしたが、暖かい雰囲気に包まれてステージを務めることができました。還暦の記念にライフワークの一つである聖書の言葉に作曲し歌うことができましたことは私にとって大きな喜びでありました。これからも声の続く限り歌い続けてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。寒さもこれからが本番、どうぞご自愛くださいまして良きお年をお迎えください。またこの度は神戸市の助成を頂いてインターネット配信のため、クラシックのステージにちょこっと機材が入りましたことご容赦くださいますように。    12/27 時田直也

 

お礼状を送りましたが、郵便局の手違いで再配達の手続きをしております。お手元に届くのが年を越してしまいますがご容赦くださいますように

1月1日〜10日 有料ライブ配信 ¥3,000
問合せ ・・・▷▷▷
申し込み 時田直也WEBshop・・・▷▷▷


 

リサイタル本番まで後、1日を残すところとなりました。【風ふく道で】

いつの間にか時はすぎ、リサイタル本番まで後、1日を残すところとなりました。毎年クリスマスにイエス・キリストの物語を歌い綴ってまいりましたが、今年はコロナ禍の中で開演できることを心から感謝しています。26日は会場で1月1日〜10日はインターネットでお会いできますのを心から楽しみにしております。

当日券での来場も大歓迎!!

会場の「うはらホール」開場5分前に5階受付までエレベーターがオープンになります。4階からの階段がきついなぁと思われる方、どうぞ1階から、4階からエレベーターをお使いください!

寒さも厳しくなり、26日は雪マークも出ております。どうぞお気をつけてお越しくださいませ。

クリスマス25日が過ぎれば年末の忙しい日々を過ごされることと思います。一年を振り返りながら良き時をお過ごしくださり、良き新年をお迎えください。

時田直也Baritone Recital ・・・▶︎▶︎▷


 

その日、その時は誰も知らない・・・【風ふく道で】

知人のT先生のお父様が天国へ旅立たれたとのことをネットの頼りで知りました。

奥様とお父様との看護を真心からされておられるお姿を拝見し、なんと申し上げて良いのか言葉が見つかりません。

天国での再会を祈りつつ、今宵はこの曲を

#千の風になって

落語雑観【風ふく道で】

中学生の頃から落語にハマっている

一時期は落語家を志そうかと考えたこともある

学生時代友達とステレオ落語なるものをしたことがあるが、それ以来実際に演じるということはない

東京、上方両方聴いているが、どちらかといえば上方落語の方がが好きである

学生時代は松鶴・米朝・文枝・春團治、四天王と言われた方々の落語を聞いていた

四人それぞれに個性があり、その世界に引き込まれていく

一人で二人三人・・・それ以上の人を演じわけ、それぞれの会話でストーリーを進めてゆく

小さい時から独り言を言いながら遊んでいた少年時代だったこともあるので、そのことも影響しているのかもしれない

落語を聴くと、現実をちょっと脇に置いてその世界に遊ぶことができるので最近はYoutubeで落語を楽しむことができるのが幸せである

しかし最近、落語家の世代交代が進み、創作落語など現代的なアプローチで進めていく方々も多くなってきた

それはそれで新しい空気感を楽しませてくれるのだと思うが、やはりあの四天王と言われた方々の古典落語の香りが懐かしい

枕が終わり落語のストーリーが始まるとスッと演者が消えて登場人物が浮き上がってくる人、またその時代に連れて行ってくれる人、それぞれの魅力に引き込まれていく

最近では六代目笑福亭松喬さんの落語にハマっている

上方落語の香りがして来るし、本題になれば松喬さんが消えて、登場人物が生き生きと浮き上がって来る

商家の旦那、番頭、丁稚、こまっしゃくれた子ども、・・・etc そのキャラクターが見事に描かれていく

松喬さんが今生きていればもっともっと生で楽しませてくれただろうと思うと寂しい限りである

わたしは声楽家として舞台に立っているが、落語から学ぶことが本当に多い

まだまだ、これからも落語を聞き続けていくことだろう

ライブで楽しむと共に、Youtubeでも聞き続けていきたいと思う


 

気の向くままに・・・【風ふく道で】

最近Youtubeで色々と歌をアップしています。

その時、その時で心に響いたり、ちょっと引っかかったり、胸にズンときたり、そんな歌を徒然に歌っています。

九月の「ほっこりさん」はお休みですが、十月はいつものように配信する予定です。

「明日は明日の風が吹く」という気持ちで気のみきのまま、時には休みながら歌っていますので、どうぞ気の向く時にお付き合い下さい。

今日の一曲は八月の「ほっこりさん」

敦盛哀歌 Br & Pf 時田直也【歌うことは希望を語ること】Radio

歴史を紐解き、「古きを訪ねて新しきを知る」という言葉がありますが、1184年一ノ谷の合戦で源氏が平家を破りました。その平家の武将、笛の名手でもあった平敦盛の最後を歌った「敦盛哀歌」! 名を残した平敦盛の死に様と首を取った熊谷直実のその後の生き方に人の心の無常を感じます。

一ノ谷の合戦は2月、動画挿入の写真は9月ですので青空の風景が違いますがご容赦ください

#敦盛哀歌
作詞:村上元三 作曲:古賀政男
Baritone, Piano & 編曲  時田直也
2021/8/30 REC  at 時田直也音楽事務所 時田直也の
Voice Letter #ほっこりさん  2021/ 8/31

“敦盛哀歌 Br & Pf 時田直也【歌うことは希望を語ること】Radio” の続きを読む

九月に吹く風は・・・【風ふく道で】

長雨が続いた中で行われた高校野球も智弁和歌山の優勝で幕を閉じました。

今年は近畿勢のみでの準決勝となり心躍る日々でした。

それが終わったかと思へば、また猛暑がぶり返し9月を迎えています。

今年の9月はどのような秋になっていくのでしょうか?

相変わらずの緊急事態宣言に全身の力が抜けていくような虚脱感を感じながら、日々を送っています。

9月18日(土)ヨハネによる福音書の朗読&Concertがいよいよ大詰めを迎えます。

イエス・キリストが十字架に掛けられ、黄泉に下り、3日目に復活し、それから40日後に天に上られる様をお聞き下さい!!

あぁ、落ち込んでいる暇はないのです・・・ でも、落ち込んでしまう弱い私です。

でも、「神の力は弱いところに完全に現れる」という聖書の言葉に支えられる日々です。


What’s News・・・▶︎

時田直也 WEBshop・・・▶︎