時田直也 ぷろふぃーる

生後半年で未熟児網膜症と診断され、生まれた時からずっと見るという経験がありません。父の腕の中でそよ風に吹かれ、身体全身で喜びをあらわした日から今日まで私なりに色々な風に吹かれてきたように思います。

「おまえが 生まれてきてくれて嬉しかった」亡き父からのこの言葉が今の私の人生になくてはならない言葉となりました。

「目が見えないことは不便ではありますが、決して不幸ではないのです。今、生かされている喜びと輝きを歌い続けてゆきたい。歌うことは希望を語ること。」この思いを歌にのせて語ります。

ピアノの弾き歌いとホットなト~ク!! この混迷した時代の中でこそ音楽を通して、命の大切さ、今生かされている希望と喜びをお届けします。 声楽家 バリトン 時田直也

[ PROFILE]

時田直也(ときたなおや)。声楽家/バリトン、ピアニスト、作曲家。
1960年神戸市に生まれ、生後半年で未熟児網膜症と診断される。6歳よりピアノを始め、19歳で声楽に目覚める。1981年「ヘレンケラー全日本盲学生音楽コンクール声楽の部」優勝 1989年大阪音楽大学音楽学部声楽科卒業、曽山和夫、横井輝男、藤井公子、岡田征士郎各氏に師事。

ソリストとして1989年 兵庫県大学新人演奏会出演、和歌山市交響楽団「天地創造」出演、1990年 宝塚中央合唱団フォーレ「レクイエム」出演、1998年 大町陽一郎指揮、大阪センチュリー交響楽団とアクロス福岡にて共演、1999年総理府主催「障害者の日」中央式典のゲストとして出演、2000年 神戸元町ミュージックウィーク2000「珈琲コンサート・バッハの珈琲カンタータ」を歌う。2009年 室内オペラ「淀屋橋の上で」”行ったり”役で出演(兵庫県立芸術文化センター)、宗教改革500周年祝祭礼拝にてBWV80 バッハカンタータ80番出演、他。大阪音楽大学時代から始まった弾き歌いのコンサートは幼稚園から小中学校、高等学校、大学(神戸女学院・四国大学・同志社女子大学他)各種教育機関(芦屋市、神戸市、松本市/松本文化センター、寝屋川市、宇治市他、教育委員会、神戸市シルバーカレッジ、神戸市老眼大学)他、地方自治体(兵庫県、姫路市/社会を明るくする運動、兵庫県立美術館、北海道東川町他)、企業(マツダ・積水ハウス・JR鉄道福音同志会・ダスキン東横他)病院・医療(上越つくしの里医療福祉会、社会福祉法人豊中愛和会、NPO法人シャローム他)各地の教会でのチャペルコンサートなど多岐にわたる。1992年インドネシア、1993年、1995年ノルウェー、フィンランド、2001年タイ(タイバンコク日本人会)、2006年ドイツ・デュッセルドルフ、小さなサロンから大ホールまで日本国内はもちろんのこと時には海外まで、年齢、会場、地域を問わず、依頼に応じてコンサートを継続中。各地でのコンサート・講演会では好評を博す。

1996年神戸芸術文化団体”半どんの会”より「文化賞芸術奨励賞」受賞 

1995年 阪神淡路大震災被災 自宅全壊 

2008年 中越沖地震再起支援コンサート出演及び、NHK新潟ニュース610出演、2010年阪神淡路大震災15年追悼コンサートを青谷福音ルーテル教会にて開催、2011年4月東日本大震災追悼コンサートを大阪クリスチャンセンターOCCホールにて開催、2012年東日本大震災追悼コンサート~かなしみの夜から希望の朝へ~社団法人中央電気倶楽部にて開催。東日本大震災

以降毎年、阪神間にてチャリティコンサートを開催。現在も継続中。寄付金は震災前から交流のあったNPO法人シャローム(福島県)への寄付も継続中。

1994年CD「風がやってきた」CT「目にはみえねども」、1999年CD「風のうたをきながら」、2002年CD「いつも何度でも」、2013年CD「星とたんぽぽ」CD「心の緒琴に~Sweet Peace the Gift of God’s Love~」、2015年日本歌曲 第10集 中田喜直の歌曲Ⅲ・小山清茂・市川都志春・早坂文雄・松本民之助の歌曲 全29曲(内6曲収録)ファウエム ミュージック コーポレーションより、2017年 「かけがえのないあなたへ Just for you」(2017年2月25日阪神淡路大震災・東日本大震災追悼コンサートライブ収録)等、各CDリリース。 2005年「風ふく道で~光の声をききながら」エッセイ集、いのちのことば社より出版

1999年NHKラジオ「関西発ラジオ深夜便こころの時代」ゲスト出演、2008年中越沖地震再起支援コンサートの後 NHK新潟ニュース610出演、ラジオ関西「ホットに語ろう」他メディアへの出演も多数

2006年より「風はおもいのままに吹く」ソロコンサート・リサイタル開催 年2~3回のペースで現在も継続中。2012年~聖なる夜~Holy Nightを、2014年~聖なる炎~The Candlelightを音楽劇「独り歌芝居」初演、以後毎年クリスマスには「独り歌芝居」を上演。新しい演目も順次企画中!

作曲は幼少の頃から手がけているが、阪神淡路大震災の時、100曲以上あったほとんどの楽譜(自作の曲)が消失。大学在学中より童謡詩人金子みすゞ、まばたきの詩人水野源三、星野富弘他、心に残る詩を作曲。大島幼稚園(園歌)、白滝姫の歌(現:神戸市北区の民話)、個人的に依頼された詩の作曲はもとより、最近は音楽劇「独り歌芝居」のオリジナル曲を多数作曲、作詞にも取り組んでいる。また、讃美歌(聖書の言葉をそのままに)の作曲にも精力的に取り組んでいる。マタイによる福音書・詩編23編・ペテロの第一の手紙1:24〜25他

「神戸波の会」、大阪音楽大学同窓会「幸楽会」、神戸市視覚障害者福祉協会 関西盲人宣教会 各会員。 西日本福音ルーテル教会、青谷福音ルーテル教会員。

そよ風ミュージックルーム 講師 Voice Training から弾き歌い、初心者からマスタークラスまで受講者に応じてレッスン中!

*時田直也News Letter ~ 風はおもいのままに吹く♪ ~The Wind form Kobe 発行中

郵送ご希望の方はお知らせ下さい →Mail

*メールマガジン ~ 風のうたをききながら♪ ~ 配信中 

「歌うことは希望を語ること、生きることは喜びも悲しみもわかちあうこと、かけがえのないあなたに 」いのちの歌をお届けします。