タイ・バンコクでの出会いに感謝

あれから月日が経ちました。みなさんどうしているでしょう?!
タイ・バンコクにお招きをいただいてコンサートをした時の手紙が出て来ました。My Singing Life 今も歌っています 今年2018年7月21日のコンサートでも歌い予定にしております

***

みなさん今日は今回日本人会のお招きで初めてバンコクを訪問させていただきました。日本の真夏を思わせる、いやそれ以上のタイの暑さを肌で感じました。体調を壊さないだろうかという不安がありましたが、日本人会の皆様の本当に暖かいご配慮のおかげでそんな不安は吹っ飛びました。お食事なども随分と気をつかっていただき元気に歌わせていただくことができました。
僅かの期間でしたのでタイの特色をつかめませんでしたが、なにより私が嬉しく感動したのは日本人会の皆様のこのコンサートにかける心粋でした。そんな皆様のお心が私にもびんびんと伝わってきました。2回のコンサートそれぞれにみなさんが熱心にお聴き下さりコンサートの後のうれしい感想を沢山いただきどんなにか私も力づけられたことでしょう。やはり皆様が日本の歌を楽しみに待っていて下さったことを改めて思いうれしい気持ちで一杯です。
又、いつの日か皆様とお会いできればと願っております。私がコンサートの最後でよく歌う曲の歌詞の一節を皆様にお送りし感謝のことばとさせていただきます。

「あなたの心が渇いた時は うたはたぶん一杯の水

生きている寒さに凍える夜は うたはきっと小さな炎」

ありがとうございました。

時田直也

#Tai #Bankoku #コンサート #日本の歌  #baritone  #出演依頼


 

思いにまさる人生の応援歌

知人の家庭での小さなホームコンサートで歌ったこともありました。これもまた懐かしい思い出です。いまでも、お声かけいただければピアノがあればどこにでもまいりますよ〜〜〜♪

*** 感想

 

今日はすてきなコンサートをありがとうございました。私たちのために本当にピッタリの選曲をして下さったと思います。感謝です。**グループのメンバーはほとんどの方が独居です。だから月2回集って、一緒に食事をして、何よりおしゃべりが楽しみでこられます。今回のコンサートは本当に楽しんで下さいました。いつも休みがちの方も来てくださいました。

老女の集まりには時田さんの歌声はほんとに刺激的で魅力的なのです。大きな暖かい手で背中を押されたような励ましをみなさん感じたと言っていました。あの人にも聴かせてあげたかった・・・と

あの様な狭いところに来て下さり、しっかり私共の雰囲気を掴んで歌って下さり、さすが、プロと思いました。お話もいいですね。無理な願いをきいて下さり、思いにまさる人生の応援歌をきかせていただき、ほんとにありがとうございました。

お元気で今後のご活躍をお祈りしております。もう少し広げて、またお願いしたいと思っています。ピーナッツのお菓子おいしかったです。ありがとうございました。

#ホームコンサート #感想 #impression #出演依頼 #人権コンサート #教育 #concert #講演会 #かけがえのないあなたに 


 

これがこころです

丸太やフレンドリーコンサート

最近は一日2回ですが、あの頃は一日3回ステージをしていました。仲間内では「丸太や道場」と呼ばれておりました。この「丸太や道場」で育てて頂いた一人です。 今年春のコンサート4月22日〜29日、素敵なクラシックをお届けくださいます。お時間のある方はぜひ!!

***意見・感想

今日の「ときたなおやの世界」感動しました。

苦労の連続であったと思いますが、立派な音楽家になられて、素晴らしいと思います。Mさんも素晴らしい人とお知り合いで羨ましいですね。

誰でも、この音楽を聴いてから、すらすら挨拶が出来るはずがありません。これがこころです。ありがとうございました。

#感想 #impression #出演依頼 #人権コンサート #教育 #concert #講演会 #かけがえのないあなたへ


 

今日まで、そして明日から

今年も #元町ミュージックウィーク の出演者募集が始まっています。

阪神淡路大震災を越え、ミュージックウィークを通して本当に数えきれない出会いをいただきました。三宮を歩くと、駅周辺の再開発が始まっていることを肌で感じる今日この頃ですが、あれから23年何が変わり、何が変わっていないのでしょうか。「神戸元町丸太や」さんとの出会い、#バッハ の #コーヒーカンタータ をご一緒に上演させていただいた時に書いた原稿を読み返しながら懐かしくあの頃を思い起こしております。

<今日まで、そして明日から>

元町ミュージックウィークの中で、私はコーヒーコンサートに出演させて頂きました。共演したメンバーはほとんど初めての方々でしたが、練習の時から大変密度の濃い時間を過ごすことが出来ました。一人ひとりの演奏者の息づかいを感じながら私も歌わせて頂きました。何より嬉しかったのは、当日たくさんの方が聴きにいらして下さったことです。しかしこのコンサートを含め、元町ミュージックウィークを支え準備して来られた方々のご苦労は大変なものだったでしょう。皆様の神戸に音楽の輪を広げようという情熱に頭の下がる思いがしました。それだけにこのコンサートに出演させていただいた事を私は大変光栄に思っております。

思えば、私たちは阪神淡路大震災という恐ろしい経験をいたしました。私自身自宅を失い、その後父が亡くなり、母が過労で倒れ入院し、私は姉の嫁ぎ先や色々な所を転々としながら音楽活動を続けておりました。しかし、そのような状況の中で歌う事はとても辛いことでした。そんな私を支えてくれたのは、多くの方々の暖かい励ましと、やはり音楽でした。あらためて音楽には、人を癒し心と心をつなぐ大きな力があると感じました。今はおかげで母も元気になり目の見えない私を支え助けてくれています。

さて、21世紀を目の前にしている今、めざましく科学技術が発展している一方で大切な心を見失い混迷した時代といわれています。人間関係が複雑になり、心が通い合いにくくなっています。このような時代だからこそ、音楽の果たす役割は、大変大きなものがあると思います。これからも音楽を通して一人でも多くの方と出会い、希望の歌を歌って行きたいと願っております。ここ神戸で音楽の輪がますます広がっていくことを祈っております。

ときた なおや (神戸元町Music Week 2000 原稿)


 

白滝姫の歌

懐かしいものが出てきました。白滝姫の物語の原稿と楽譜と紙芝居の絵です。

長いこと忘れていましたが、そういへばシルバーカレッジにコンサートに招かれていた頃、シルバーカレッジの学生さんからこの物語の詩に作曲を依頼され、作ったことがありました。詩を書かれた方のお名前を忘れてしまい申し訳ないのですが、今晩は懐かしく思い出して口ずさんでおります。

「ほっこりさん」はじめどこかで歌ってみたいと思います。お楽しみに!!

「白滝姫物語」兵庫歴史ステーションに物語は掲載されています。
白滝姫 泉に降る栗の花

*山田の里と白滝姫を訪ねる


みんな、それぞれ誰かのおやど・・・

ぶたれもせず、ふまれもしない、この詩(土)は、一見何の価値もないように見える土も、実はかけがえのない存在であることに気づかせてくれます。生活の中で置いてきぼりにされているように感じられる時、この詩の最後の言葉が心を暖かくしてくれます。

みんな、それぞれ誰かのおやど・・・
思いを込めて 祈りを込めて・・・

金子みすゞの詩、「土」 ♪うたによせて一言
風はおもいのままに吹く♪ 時田直也News Letter No4 より


 

顔を見せない奥ゆかしさ・・・

鶯が総合運動公園で鳴いていました
この声をこれからどれくらい聴けるんでしょう
早春譜の歌の中に描かれている鶯、ときを見計らって泣き続ける奥ゆかしさ、顔を見せない奥ゆかしさ、そんな鶯が私は好きです


 

心に寄り添う言葉と音楽♫でコンサート&対談

心に寄り添う言葉と音楽というテーマでコンサートと対談をいたしました。

コンサートと対談ということでどんな風に展開して行くのか、楽しみでもあり、少し不安もありましたが、打ち合わせで松本佳久子先生とお会いした時、その不安が消えてゆくのを感じました。初めてお会いしたとは思えないほど話が弾み、非常に嬉しい打ち合わせの時でした。本番を迎えるのを楽しみにしながら選曲し、どのように話を展開させて行くかは当日の雰囲気で進めれば良いという安心感がありました。

いざ本番、やはり、松本氏の優しいフレンドリーな人柄にふれコンサートと対談を進めることができました。対談はもっともっと色々なお話を引き出せるかと思いましたが、逆に先生の方からわたしへの問いかけもあり、結構自分のことも話したように思います。通り一辺倒ではないこころの深いところに手が届くような時間でした。まだまだ、話し足りないことは多くありますが、それは次の機会においておきたいと思います。

今回は音楽療法にリンクしながら話が進んで行くにつれて思いがけない気付きもあり、自分自身の今までのコンサート活動の振り返りに良き時間を過ごすことができました。

この機会をくださった、兵庫県こころのケアセンターの皆様に心から感謝の思いでいっぱいです。

荒れた天気でしたが、とても良いひと時でした!!

ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。
会場は荒天にかかわらず、100人超、ほぼ満席だったようです
最後はクラリネットの演奏も加わって、♫上を向いて歩こう、♫故郷 を会場の皆様とご一緒に歌いました。

平成29年度兵庫県音楽療法士に認定された皆様の今後のご活躍を心よりお祈りいたしております。

#音楽療法 #心に寄り添う #言葉 #音楽 #兵庫県


 

今〜日はうれしいひなまつり

京都からトンネルを抜けるとそこは・・・
今日はちょっと曇っていましたが、琵琶湖が穏やかに臨めました。
ヨット、漁船、モーターボート・・・・穏やかに時間が流れて行きます。

ひなまつりコンサート in アクティバ琵琶

終わった後、助産師の方がお声をかけてくださいました。命が生まれる現場に立ち会ってこられた様々な出会いを思い出しながら聞いてくださってとても喜んでくださいました。
皆様からの暖かい反応を頂いて、またひとつ良きお出会いができました。
入居者の皆様、これからも充実した日々をお送りください