昨日、今日、明日に思いを馳せて【風ふく道で】

1月17日 あの阪神淡路大震災から27年!

私も61歳と2ヶ月余り。

震災の日のことを思い起こすと、よくここまで生きてきたものだと感慨にふけりますが、時の流れとともに震災のことを考えない日が段々と増えてきているのも事実です。

忘れている訳ではないのでしょうが、やはり時の流れというのは恐ろしいもので他のことに思いをいたしている内に風化してしまうのではないかという気持ちも起こります。

今日は自宅で淡々としています。

コロナの影響でコンサートが延期になり、ちょっと落ち込んだりしています。

これからどうなっていくのかと考えている一方で震災のことに引き戻されて、正直なところ今の心は行ったり来たり、また行ったり来たりを繰り返す日々です。

もうすぐ18日、新しい日がやって来ます。

いつも通りの平和な時を今かみしめながら、これからも同じような日々を送っていくことでしょう!

「その日その時は誰も知らない」という聖書の言葉を味わいながら、命の厳粛さを味わいたいと思います。


Movie・・・▷▷▷

しあわせ運べるように【今日の一曲】

1月17日 阪神淡路大震災 忘れることの出来ない一日がもうすぐ終わろうとしています。あれから26年がすぎ、すっかりおばちゃんになりました。

今日は仕事都合で東遊園地には行けませんでしたが、「となりの熊さん」の「しあわせ運べるように」を聞きながら一日を終えたいと思います。
今年は行けなかったので、写真は去年の写真で失礼いたしますm(_ _)m

これからも前を向いて、時々後ろを振り向いて、心は走っても体は走れないので心もそれにあわせてそれなりにゆっくりと歩いて行ければと思います。

今日一日の感謝を込めて❣️


今年2月23日(火・祝)Charity Baritone Concert は冬の旅全曲コンサートです。 ドイツ語で歌いますが、歌の情景を日本語で語りながら進めてまいります。大切ななにかを失った悲しみを越えて希望を見つける旅をご一緒にいたしましょう!!
阪神淡路大震災・東日本大震災、そして今年はコロナ災禍のなかで過ごしている方々へ思いを込めて・・・歌います!

メルマガ配信中(月1回ほど)blog購読も大歓迎 : サイドバー・フッターよりご登録下さい

Charity Baritone Concert 冬の旅 Schubert Winterreise

20210223SW

風はおもいのままに吹く  Vol.35
Charity Baritone Concert

  冬の旅 Schubert Winterreise
Music von Franz Schubert / Texten von Wilhelm Müller 共訳/時田直也・香代子

Bariton/朗読 時田直也  Piano 榊原契保

( 時田直也 ❄️感謝❄️感激❄️還暦コンサート vol.2 )

2021 2/23(火・祝)  
開場 : 13:30 開演 : 14:00

 ❄️チケット 一般 ¥3,000  障がい者¥3,000 (ガイドヘルパー 無料)

  ❄️青谷福音ルーテル教会 神戸市中央区中島通2-3ー6 ☎︎078-231-0947

  ❄️コロナ禍のため、検温・手洗い・うがい・ソーシャルディスタンスにご協力ください Teaサービスは無しといたします

今回ようやくシューベルト歌曲集より冬の旅全曲コンサートをすることとなりました。人生そのものが冬の旅だと思います。新型コロナウィルスに翻弄され、先の見えない日々を生きている私たちですが、命がけの恋に敗れた男に思いを寄せていただければ幸いです。

 阪神淡路大震災から26年、東日本大震災からもうすぐ10年を迎えようとし、そして2020年はコロナウィルスに翻弄された一年でした。上り坂、下り坂、まさかの坂を幾度も越えていくのが人生なのでしょう。「俺は旅に出る、しょせん俺はよそ者だ・・・ おやすみ、さようなら」と真っ暗な嵐の夜、恋人の家の門前で別れを告げ旅立つ若者。出会いと楽しい日々の邂逅、叶わぬ思い、断ち切れない思いとの葛藤、死を 切望するまでの絶望、死からも拒絶された時、人は何を思うのでしょう? 出会いと別れ、災禍のなかを生きてきたそれぞれの日々を振り返りながらお聴きください。ご一緒に心の旅をいたしましょう!!

時田直也

コロナ禍が続く中でのコンサートです。対策は致しておりますが、どうぞお気をつけてお越しくださいませ。公開録音の予定です。

収録後の配信につきましては後程メールマガジンにて案内をさせていただきます、時田直也WEBサイト/HPよりご登録ください。
   https://naokaze.com

主催:時田直也音楽事務所
収益金はNPO法人シャローム(東北福島)へ寄付させていただきます

後援:兵庫県・兵庫県教育委員会・(公財)兵庫県芸術文化協会・神戸市・神戸市教育委員会・(公財)神戸市民文化振興財団・神戸新聞社・ラジオ関西・サンテレビジョン・大阪音楽大学同窓会<幸楽会>・青谷福音ルーテル教会

協力:いたむ人のとなり人として時田直也の歌声をとどける活動を応援する会(略称:時歌の会)

【チケット申込・お問い合せ】時田直也音楽事務所 Tel&Fax 078-291-8845  baritone@naokaze.com

あの日から25年、今朝の お さ ん ぽ 【たんぽぽは風にのって】

2020/01/17 Fri
今年はうっすらと雲の残る中、自宅からHAT神戸を経由して震災後にできた遊歩道を西へ、東遊園地へと向かいました。

最近時々散歩で歩く道ですが、やはり今日は少し雰囲気が違います。東遊園地発で震災ウォークをされる皆さんの団体さんと何度も遭遇し、皆様とはは逆向きに歩いて東遊園地へ向かいました。

途中「神戸港駅の記憶 5:46」 思わすシャッターを押してしまいました

希望の灯火の前でひとり黙想

記帳、献花

そして、「輝」の竹燈籠に蝋燭の灯火を灯しました
少しの風で消えそうになる火を手で覆ってやっとのことで灯しました

ふっと、昨年クリスマスの「聖なる炎」ラニエロの灯し続けた蝋燭の灯火のことが頭をよぎりました。 竹燈籠に灯された灯火の数だけ、そしてそれ以上に一人ひとりが命の灯火を灯し続けて今を生きています。 今年の言葉は「きざむ」! 心に記憶に何が刻まれることでしょう!

メディアの足場に「海抜10m」の印が刻まれていました。
東日本大震災の津波は20m・・・どんなに高い水の壁が襲ってきたことか、想像するだけで気が遠くなりました。

帰り、市役所のロビーで一服 ^^ ばったりと、ご近所の奥様に遭遇、あれこれと話が進み、気がつけば12:00を過ぎていました。

そんな震災から25年目の朝でした。

記:管理人

雪の降る町を【歌うことは希望を語ること】


Youtubeチャネンル登録をよろしくお願いします

#阪神淡路大震災 で自宅が全壊し、その1ヶ月後に父が亡くなり、・・・
一人ひとりに大きな喪失感があり
今でも心の傷を抱えている方々がおられることと思います
こんな現実を思う時にこの歌の旋律と歌詞が胸に響いてきます

雪の降る町を
作詞:内村直也 作曲:中田喜直
Baritone & Piano 時田直也

#ほっこりさん 2019/02/06REC
リクエスト承り中

#歌うことは希望を語ること #心ほっこり #騒いでいた心は静まり #美しい日本のことば


 

夕方5:46 at東遊園地

あれから24年、ここ数年毎年東遊園地へ来ています

少し、落ち着いてあの日のことを、あの日からの日々を振り返ることができるようになったのかもしれません。身近で亡くなった人はいませんでしたが亡くなった方々に思いをよせてみようと思えるようになったからかもしれません。20年を過ぎた頃からでしょうか、東遊園地へ震災当日に行くようになったのは・・・それまでは自分が生きていくことで精一杯だったような気がします。

相変わらず朝が苦手なこともあって、今日も夕方に東遊園地へ

ネームプレートのかけられているホールの上は献花の花で真っ白になっていました。

今年の言葉は「むすぶ」! ふと、何を結んでゆくのか・・・一つのKey Wordをいただいたように思います。

そして、ず〜〜〜っと長い「冬の旅」をしてきたように思う今日この頃。そう思えるようになったから東遊園地へも行けるようになったのかもしれません。

今年は「となりの熊さん」追悼コンサートはちょっとお休みですが、やはり続けて行きたいねと話しながら東遊園地を後にしました。

3年前のコンサートですが、この日に、またあの時からの日々を思い起こしながらお聴きいただけましたら幸いです。最初の案内のところはちょっと飛ばしてコンサートが始まったところからお聴きくださいね!

1.17阪神・淡路大震災 今年もこの日がやってきました

1月17日、今年もまたこの日がやってきました。

震災の年に生まれた子供は今年で24歳、赤ちゃんから青年に成長する程長い年月が過ぎていきました。自分にとって長かったのか、短かったのか・・・わかりませんが、とにかくこの24年は神様によって持ち運ばれた日々の積み重ねだったと思います。これを機に急に何かが変わる訳ではありませんが、今あるところから一歩、また一歩と踏み出して行こうと思います。

夕方東遊園地に着いたのはちょうど5:46分、たくさんの方々とひと時黙祷を捧げました。


 

こころに寄り添う言葉と音楽 かけがえのないあなたに

こころに寄り添う言葉と音楽〜かけがえのないあなたに〜をテーマに武庫川女子大学准教授の松本佳久子先生と出演させていただきます。

打合せでは松本先生は少年刑務所等受刑者への音楽療法を実践しておられ、少年院でのお話、浪曲「桂春団治」、音大でお世話になったO先生のこと、・・・etc、公私に渡り意気投合し大いに盛り上がりました。

当日はどんな曲が出るか、どのような話の展開になるか・・・どうぞお楽しみに!!

音楽療法に関心のある方、音楽の大好きな方、会場でお会いできますのを楽しみに致しております。


平成29年度兵庫県音楽療法士認定証交付式(第1部)の後、第2部での記念講演会(talk & mini concert)

日時:平成30年3月8日(木)13:30~16:50
場所:兵庫県こころのケアセンター

● 阪神電車「春日野道」駅から南へ 徒歩約8分
● 阪急電車「春日野道」駅から南へ 徒歩約16分
● JR「灘」駅から南西ヘ徒歩21分
※お車での来場はご遠慮ください。お車で来場される場合は、近くにある 有料の駐車場をご利用ください。

  • 詳細は・・・→
    事前申し込みが必要です
  • <申込・問合せ>
    〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-3-2
    (公財)ひょうご震災記念 21 世紀研究機構

    兵庫県こころのケアセンター 事業部事業課
    TEL:078-200-3010(代)
    FAX:078-200-3017 Eメール:jigyou556@dri.ne.jp


     

1.17 2018年

今年の1.17は呼吸器科の定期検診を終え、雨の中の東公園へ

もう、すでにセレモニーは終わっていたようですが、しみじみとした時間を公園の中をしばらく歩いて過ごしました。

あれから、23年!
長かったような、短かったような・・・

とにかくここまでよく生かされてきたということを改めて噛み締めました。

震災で亡くなられた方々お一人おひとりにオンリーワンのドラマがあるのだろうと思うと、追悼コンサートでどんな曲を歌っていいのか全くわからなくなりました。

そんな私の心の中で今、「雪の降る町を」3番の歌詞の折り返しで〜誰もわからぬ我が心 この虚しさを この虚しさを いつの日か祈らん 新しき光降る鐘の音〜このフレーズが鳴り響いています。