風がやってきた

私にとって「風」は音楽です。
そして、「音楽」もまた風なのです。

〜 風がやってきた 〜

五月の神戸明るい日差しの中、
小高い丘をとぼとぼと歩いているひとりの男性。
腕には赤ちゃんが抱かれています。

何を見せても反応を示さない赤ちゃん。
未熟児網膜症で生まれつき目が見えない幼子でした。

「これからこの子をどうやって育てよう・・・」

重い心を引きずったまま、
少し休もうと彼は立ち止まりました。

そんな彼と赤ちゃんの間を
さーっと爽やかな風が吹き抜けていきました。

その時です。

手足をばたばたさせて、
その赤ちゃんが体いっぱいに喜びを表しました。

今まで何を見せても何の反応も示さなかった
自分の息子が喜びを全身で表したのです。

「この子が喜んでいる・・・」

「この子を育てていける」

「この子を育てて行こう」

爽やかな風はその父親に勇気と希望を与えたのです。

私、時田直也が生後六ヶ月のことでした。

エッセイ集「風ふく道で〜光の声をききながら」より

これが私の原点・・・

風を喜ぶ子を抱き、五月の風を抱く
 亡き父の俳句