JOYFUL CONCERT Vol.13 2019.12.1【歌うことは希望を語ること】

12.1ジョイフルコンサート の写真が届きました

神戸新聞松方ホール、日曜日、一歩外に出れば蚤の市が開かれ、UMIEには大きなクリスマスツリーも飾られ、クリスマスソングも流れていましたが、コンサートはクリスマスソングではなく「冬の旅」を歌いました

会場は一ヶ月前からチケット完売のお客様方でほぼ満席

小野リサさんのステージも舞台袖で聞かせて頂き、最後はこべっこ少年少女合唱団の子供達との「しあわせ運べるように」を会場の皆様も交えて大合唱!!

今年最後の月の初日、楽しいひと時を過ごさせて頂きました

送っていただいた写真、画像が良過ぎてHPアップできませんでしたので、舞台袖のスナップ写真で失礼いたしますm(__)m


コンサート依頼・・・→

クリスマスコンサートin木口福祉財団【歌うことは希望を語ること】

 

「ひとりじゃないよ大丈夫!」130匹+αの皆さんで作った大きなお魚さんの下でクリスマスコンサートをさせて頂きました。

今回はクリスマスメドレーで、皆様よくご存知のクリスマス定番のホワイトクリスマスからちょっとマイナーな曲まで、コンパクトにまとめて60分!
「もう少し、トークを聞きたかったわ〜」とは何時ものトーク&コンサートを聞いてくださっている方、「この子が最後までぐずらずに気持ちよく聞いてくれました^^」と、赤ちゃんと一緒に聞いてくださった若いママさん、「来年ドイツでお会いできるのを楽しみにしています」とお声をかけていただいたのはイギリス在住でたまたま帰国されておられたロンドン日本語教会のBさん、びっくりでした、手作りのリースをくださったのは木口財団にご紹介くださったIさん、帰りにikariのshopingbagいっぱいの贈り物をくださった方、・・・今回も思いがけない素敵な出会いをたくさん頂きました。思った以上に子供達もたくさん来てくださっていました。大人向けの曲が多かったのですが、最後まで聞いてくださっていたようです。

木口福祉記念財団理事長様はじめ、スタッフの皆様の暖かい思いが伝わってくる会場でコンサートをさせて頂きました。赤ちゃんから、子供達、歳を重ねた皆様まで共にクリスマスを過ごすことが出来ましたことを嬉しく思います。

終わった後、ステキな笑顔で記念撮影!
Merry Christmas 良きクリスマスをお迎えください

来年、またお会いできますのを楽しみにしています


Concert依頼・・・→

午後から晴れてチャペルコンサート【歌うことは希望を語ること】

アットホームなホームコンサートのようなチャペルコンサートでした。
小さい頃(4歳)から私を知っていて下さる方が、おられる教会!今日初めて来られた方、久しぶりにお会いした方・・・etc、もおられましたが、みなさんコンサートの後もゆっくりとTea Timeをしながら話が盛り上がりました。吉田牧師先生ご夫妻のご配慮に心から感謝いたします。

Concert ・・・→ 依頼


 

時田直也徒然コンサート at PIAジュリアン【歌うことは希望を語ること】

PIAジュリアン「時田直也の徒然コンサート」盛会の内に終了いたしました。ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

懐かしい出会い、初めてコンサートに来てくださった方々、久しぶりにお会いできた方々、それぞれにほっこりとした雰囲気でお楽しみいただけたようです

*先日は素晴らしいお歌を聴かせていただきましてありがとうございました。とても楽しかったです。
*また、心の洗濯に参ります。
*直也さんの世界全開でしたね。まっすぐな心とていねいさが伝わって良いコンサートでした。
*昨日は良い年を重ねられたな、と嬉しく思いました。威風堂々、すてきでしたよ!

他・・・

次回をお楽しみに!!

 

愛ラインド・キリスト教会【歌うことは希望を語ること】

愛ランド・キリスト教会、創立17周年記念のコンサート

懐かしい方、久しぶりの方、初めての方、それぞれに出会いのひと時をありがとうございました。私たちの結婚も17年目、愛ランド・キリスト教会の近くのベイシラトンホテルで台風一過の盆明け、仏滅、にゆったりと披露宴をしたことを思い出しながらのコンサートでした。

来年からは結婚記念日が来るたびに、愛ランド・キリスト教会のことに思いを馳せましょう!!

先回お招きをいただいてから、しばらく時間が経っておりましたので、持参したCDをみて、「一新されましたね〜」と言いながら購入してくださいました。

コンサート依頼は・・・→

 

 

 

七夕にマタイ福音曲 前半【歌うことは希望を語ること】

新会堂を建ててからOpen Chapelを毎月第一日曜日に続けておられる押部谷教会へ、汽車ではなく電車にゆられて乗り換えて1時間あまり、新開地からは神鉄でのどかな風景を社窓から眺めながら行ってきました。

押部谷教会でのOpen Chapelは2度目、チラシを見て初めて来られた方、久しぶりの方、近くの高尾教会の皆様も来られて会堂は満席!
今回のマタイ福音曲は7月7日と来年2月2日の2回にわけての演奏ということで、皆様に歌って頂く曲を4曲ほど入れて、1章から12章まで朗読と独り語りで綴りました。

終わった後は、懐かしい方々との出会いもあり食事を頂きながら時間を忘れて大いに話しが盛り上がり、宴たけなわでしたが、次回は後半を楽しみにと帰りの電車にギリギリセーフで間に合いました。

「『見よ、わたしの選んだ僕』が心に残りました」と声をかけてくださった方あり、「去年年末、友人のホームコンサートで聴いて感動してましたので今日を楽しみにしていました」とお声をかけてくださった方もありました。・・・etc

温かい家庭的な雰囲気の教会で、ゆったりほっこりさせていただいた一日でした。

クラーク記念国際高等学校【歌うことは希望を語ること】

三年ぶり、4回目、お招きいただきコンサートをさせて頂きました^_^

Yキャンパス長ご夫妻 はじめ先生がたとの再会、「お互い変わりませんねぇ」の挨拶で、生徒のみなさんも良い雰囲気で聴いて下さいました。

コンサートが終わった後の語らいのひと時も和やかな良い時間を過ごさせていただきました。

→クラーク記念国際高等学校豊岡キャンパスのNewsページです


 

サロンコンサート 木口記念財団 交流ホールコンサート

寒中お見舞い申し上げます。
元気だと思っていましたが、2月に入ってインフルエンザにつかまってしまいました。寝ること1週間・・・でも、声には今回はそれほど影響はなかったのでホッとしています。そしてもう、すっかりこの菌も出て行きました^^ /

2月6日の木口記念会館:交流ホールでのコンサートは会場いっぱいに来場くださった皆様の暖かい雰囲気に包まれて、歌いました!!インフルエンザもなんのその!!

終演後 木口様と

 

 

 

 

 


 

Concert クリスマスバリトンコンサート 〜幸い〜

クリスマス当日は恒例の時田直也独り歌芝居

2018年12月25日はマタイによる福音書から〜幸いBlessed〜

作曲の29曲とマタイによる福音書から抜粋した箇所の独り語りでした

2018年が明けた頃は思いもよらなかったのですが、そよ風ミュージックルーム で続けていたマタイの福音書を皆さんとオーソドックスな讃美歌を歌うコンサートが6月に7回目で終了!

折に触れて聖書の言葉に作曲していた曲にもう少し増やせば、福音書を初めから終わりまで、独り歌芝居にアレンジできるか・・・と思い立ち

8月頃から今年のクリスマスはマタイによる福音書で行こう!!と決意

仕事の合間を縫って作曲し、語りの箇所を抜粋し・・・etc

イエス・キリストの生涯を独り語りと独唱で演じることができました

どこを省くか、どこ歌うか、本当に迷いましたが、90分にまとまりました。途中、休憩を入れるか、休憩なしで行くかも迷いました。やはり、長くなると疲れることもあるかと思い途中休憩(20分)を挟んで120分・・・

一つの作品に仕上がりました

記録用で録音をする予定が、スイッチを入れ忘れてしまいました ><

2019年新しい年はマタイによる福音曲コンサート〜幸い〜をご依頼いただいているところもあり、再演が楽しみです

ご依頼の状況に応じて、アレンジさせていただきます
長くなったり、短くなったり・・・ですが、何れにしてもイエス・キリストの生涯を歌い語って参りたいと思います

コンサート依頼受付中!!

収益金はNPO法人シャロームへ寄付させていただきました

 

Concert クリスマスチャリティーコンサート アラベスクホール

たけのこ音楽会主催、西日本豪雨災害クリスマスチャリティーコンサート

賛助出演 リーベ・クワイア、グローリ・コア、青い鳥児童合唱団、混声合唱団ジョイフル高砂

小学校の児童の皆様から90代の方々まで、アラベスクホールに温もりのある声が響きわたりました

時田の方はクリスマスイブでしたので、一部は「クラリネットこわしちゃった・クリスマスバージョン」父の思い出をモチーフにクラシック・冬の曲を織り交ぜての独り歌芝居

2部は忘れられないおじさんとの出会いのお話とクリスマスソング

最後、リーベ・クワイアの皆様との共演ではハレルヤコーラスときよしこの夜の大合唱、会場の皆様もご一緒に加わって心いっぱい歌ってくださっていました

小学校の児童の皆様から90代をすぎて今尚お元気な方々様まで
時を超え、世代を超えてご一緒できたことは本当に感謝なことでした

10年前は小学生だった主催:上畠さんのお嬢様も今は20歳をすぎオーストリア留学で研鑽を積んで帰ってこられ、ピアノ伴奏にお母様のサポートに八面六臂のご活躍!!

色んな方々の思いが集まってのコンサート
心温まるクリスマスイブを過ごさせていただきました

ご寄付いただきました皆様、ありがとうございました
寄付金は神戸新聞社を通して被災地の方へ贈られました

西日本豪雨災害、あの雨を思うと台風とはまた違った怖さがありました。自宅から山を見上げるとまっすぐ北に爪で引っ掻いた跡のように土砂が崩れ赤土が見えているのが今もそのままです

2018年は山への散歩はそんなこんなでできませんでしたが、一年を振り返るひと時ともなりました