Concert クリスマスチャリティーコンサート アラベスクホール

たけのこ音楽会主催、西日本豪雨災害クリスマスチャリティーコンサート

賛助出演 リーベ・クワイア、グローリ・コア、青い鳥児童合唱団、混声合唱団ジョイフル高砂

小学校の児童の皆様から90代の方々まで、アラベスクホールに温もりのある声が響きわたりました

時田の方はクリスマスイブでしたので、一部は「クラリネットこわしちゃった・クリスマスバージョン」父の思い出をモチーフにクラシック・冬の曲を織り交ぜての独り歌芝居

2部は忘れられないおじさんとの出会いのお話とクリスマスソング

最後、リーベ・クワイアの皆様との共演ではハレルヤコーラスときよしこの夜の大合唱、会場の皆様もご一緒に加わって心いっぱい歌ってくださっていました

小学校の児童の皆様から90代をすぎて今尚お元気な方々様まで
時を超え、世代を超えてご一緒できたことは本当に感謝なことでした

10年前は小学生だった主催:上畠さんのお嬢様も今は20歳をすぎオーストリア留学で研鑽を積んで帰ってこられ、ピアノ伴奏にお母様のサポートに八面六臂のご活躍!!

色んな方々の思いが集まってのコンサート
心温まるクリスマスイブを過ごさせていただきました

ご寄付いただきました皆様、ありがとうございました
寄付金は神戸新聞社を通して被災地の方へ贈られました

西日本豪雨災害、あの雨を思うと台風とはまた違った怖さがありました。自宅から山を見上げるとまっすぐ北に爪で引っ掻いた跡のように土砂が崩れ赤土が見えているのが今もそのままです

2018年は山への散歩はそんなこんなでできませんでしたが、一年を振り返るひと時ともなりました

神戸の街を見下ろして、百万ドルの夜景の前のコンサート

トラストグレイス御影 2年ぶりにお伺い致しました。

知人Iさんのご主人様が思いがけず逝去された後でしたので、2年前はお会いできたのにと思うと奥様になんとお声をお掛けしていいものか・・・と思いっているうちに時間が過ぎて行きました。

スタッフの方から、「時田先生のファンの方からお手紙をお預かりしています」と言って受け取ったお手紙は、小学校のN校長先生からでした。
お手紙に添えて「十字架のネックレス」を頂戴し、小学校でのコンサートにお招きいただいた折々のことを思い出しました。

何度か聴いてくださっている方もあり、新しい出会いあり、和やかな雰囲気の中でのゆったりとしたコンサートでした。

#出演依頼


 

姫路市立豊富公民館新築10周年記念講演会

あれから、もう20年過ぎました ^ ^

***感想:お便り

秋色濃く、紅葉が日に映える好季節となりました。その後益々お元気でご活躍の事と存じます。
さて、先日(11月19日)には本公民館新築10周年記念講演会にご多忙の中、遠方までお越しいただきありがとうございました。当日の参加者一同は大変有意義な一刻を過ごさせていただきました。先生のすばらしいピアノタッチ、それを伴奏としての重厚なバリトンの歌声。季節の歌、ふるさとの歌、子どもの歌など日本の叙情歌の名曲やカンツォーネ、感動的なお話に合わせて聞かせていただきた数々の歌、選びに選びぬかれた歌と先生の感性余すところなく味わわせていただきました。
あれから後人と顔を合わせる度に、「よかったね」「いい話でしたね」などと声をかけていただいた方々に私自身がほめてもらっているような気がいたします。本当にありがとうございました。
寒さに向かう季節ですが、どうか十分ご自愛くださいまして日本各地の一人でも多くの人々の心の糧にその歌声とお話を聞かせてあげて下さい。ひいては人の命の大切さを聞く人の心に感受させてあげていただきたく思います。
御身御大切にご活躍下さい。末筆ですが、終止あたたかくやわらかいものごしで対応していただいたお母様にも心よりお礼申し上げます。

姫路市立豊富公民館館長 **

#公民館 #記念講演会 #コンサート #感想 #姫路市


 

宴たけなわではございますが・・・打合せこれにて終了

3月といえば日本では卒業式シーズン

兵庫県音楽療法士認定証交付式、「となりの熊さん」記念講演会のご依頼を頂いて歌わせていただくことになりました。我が家から歩いて20分ほど、ちょっと回り道をして散歩しながらHAT神戸にある「兵庫県こころのケアセンター」へ
「となりの熊さん」と松本佳久子先生、昨日初めてお会いしたのですが、少年院でのお話、浪曲「桂春団治」、O先生のこと、・・・etc、公私に渡り意気投合したようで細やかな打ち合わせをしながらも大いに盛り上がっておりました。
宴たけなわではございますが、ということでハード面がまとまったところで打ち合わせは終了!

こころのケアセンター、ご担当者のお一人Tさんはお嬢様が小学校の頃「となりの熊さん」の小学校でのコンサートを聞いてくださっていて、「あの子も30を越えました」と懐かしくその時のコンサートのことを話してくださいました。時を越えて覚えていてくださっていることに本当に感謝でした。

記念講演会での二人のライブトーク(基調講演)をどうぞお楽しみに!
音楽療法にご関心のある方、お近くの方、講演会は一般の方の参加もOKとのことですのでどうぞご来場お待ちしております。
詳細、問い合わせは「兵庫県こころのケアセンター」へ

時田直也Baritone Concert&武庫川女子大学准教授松本佳久子先生とのライブトークで綴る 記念講演会
「こころに寄り添う言葉と音楽 〜かけがえのないあなたへ〜」

どうぞ、お楽しみに 日程等後日改めてご案内させていただきます


 

自分の目までうるおって・・・

先日姫路保護司保護司会主催の「社会を明るくする運動」でのコンサートを終えて、数年前にお伺いした京都医療少年院でのコンサートのことを思い出しました。あの時頂いた少年たちの感想を紹介させていただきます。

*コンサートを聞いてとっても心に残りました。じっとイスに座りながら聞いていてとってもいろいろな事を考えたり感じたりする事が出来ました。 歌や出来事を聞きながらこの人はとっても強い人だと思いました。 自分は聞いて見ているだけだったけどとっても気持ちの中に伝わってきて心が何かうるおってきて、いつのまにか自分の目までうるおってきました。  “自分の目までうるおって・・・” の続きを読む

人生のリターンマッチ


第67回”社会を明るくする運動”姫路市推進大会
〜犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域の力〜

お招きをいただいて講演会(コンサート)をさせて頂きました。

様々な理由で犯罪を犯してしまった人たちに向き合い、寄り添っておられる方々の集まりでした。講演前に色々とお話を伺いながら現実の社会の中で生きていくことの大変さを改めて感じました。
一人ひとりがその存在を受け入れてもらえるということは簡単なことではないのだと思いますが、私ができることは只、歌うこと!歌を通して与えられている命の輝きを伝えていくことなんだと改めて思ったひと時でした。
全ての人に受け入れてもらうことができなくても、たった一人でも自分の存在を受け入れてもらっていることに気づいた人はきっと新しい人生のリターンマッチができるのでしょう。尊い働きをしておられる方々、心傷んでいる一人ひとりに豊かな祝福があるようにと祈るばかりです。


少年刑務所の子たちが作ったウエストポーチをいただきました。
使いやすく、重宝しております。
トートバックも使いやすくこちらも探していた大きさとデザインにぴったりで家内が喜んでおります。
両方大事に使わせていただきます。

あっという間に1週間

1週間があっという間に過ぎて行きます
今日は水曜日、「となりの熊さんの聖書朗読ライブ19:00」と「ほっこりさん20:00」スタジオN Openです

6月26日(月)は「となりの熊さん」久しぶりに姫路に参ります
姫路文化センター 小ホール
姫路保護区保護司会主催
「第67回 社会を明るくする運動 姫路市推進大会」でのコンサートです
口コミでもう問い合わせが入っているとのことでした

by 風の旅っ子

ひとこと、感想 城東区校下1 

たくさんの感想をいただきました
少しづつご紹介させていただきます

*人々の出会い大切に。
*うたが歌える事は、しあわせとあらためてわかりました。 
*音楽はいいなぁ。 
*お父さん、心の広い方で育てられた。かんどういたしました。 
*思いやりの心を持っていこうと思いました。 
*人と人とのふれあいは、とっても大事なことだと思いました。 
*たとえ眼がみえなくても、健常者の私なんかより何倍も大きい人なんだと。 
*時田さんの子供に、個性に合った個性をのばす、という姿勢がよかったです。
*すばらしい歌声、そして音楽に対するあつい想いが伝わってきました。 
*健常者でも障害者でも、関西人は話が長い。オッサンもおばちゃんもないね。
*何事があっても元気でガンバルことを感じました。 
*人生を考えさせられました。もっとしんけんに生きなければならないと思いました。 
*歌う事は楽しい。いい歌はいつまでも心に残っているということ。
*生のバリトンの声に驚いた。とっても良かったです。今日は素晴らしいバリトンの声に喜びを感じた。
*目が見えない人の気持ちと前向きな気持ち。
*私は音楽が大好きで、色々なコンサートなんかに行かせていただきましたが、これ程良い物だとは思わなかった。最高に良かったと思います。

・・・・・他多数 城東区校下人権コンサート感想より
 コンサート依頼受付中!! お電話、メールお待ちしています!

お便り・感想抜粋 PTA他

*息子と共に笑い、涙しました。人との出会い、心のこもった言葉は生きる力を与えてくれる。人生の中での喜びはもちろん悲しみも挫折もすべて無駄ではない。それを生きる力に変えられる強い心を持ちたいと時田さんの心に響く声とお話を聴く機会を与えて頂き感じ有難い気持ちでいっぱいになりました。日々の生活を反省し、子供と共に大切に生きてゆける様努力したいと思います。(PTA)

*・・・・心の中が温かくなり、涙があふれてきました。今日は忘れものをしてしまったんです「ハンカチを!!」ぐ~っと我慢しながら聴かせて頂きました。時田さんの心のこもったピアノと歌で勇気とやさしさがわいてきました。時田さんのお父様がいつも言われていた「生まれてきてくれてえありがとう」という言葉は子供にとってとても大切なことだと思います。又親にとって日々の生活一つ一つがあたりまえのことではなく常に感謝し明日への生きる力としていくべきだと感じました。子供がよく口づさむビリーブも皆の合唱で最高でした!!・・・・時田さんにたくさんのやさしさを頂いていつもついバタバタと生活している毎日をもっと味わいながら生きていこうと思いました。そして、二人の子供をギュ~ッとだきしめたくなりました!!・・・・(PTA)

“お便り・感想抜粋 PTA他” の続きを読む