聖なる炎をみつめて・・・【たんぽぽは風にのって】

2019年のクリスマスコンサートも祝福の内に終演いたしました。ご来場いただきました皆様の暖かい雰囲気に包まれてステージが進みました。今回はプロジェクター投影でかかりっきり、ほぼぶっつけ本番の画面移動だったので、コンサートの写真を撮るのをすっかり忘れておりました管理人です><

ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

会場の設営から片付けまで、青谷教会方々に今回も本当にお世話になりました。ありがとうございます。

毎回ご来場くださる方、初めての方、今回はお休みの方・・・etcでした。コンサートからの寄付金と皆様からの心のこもった寄付金を合わせて今回もNPO法人シャローム様へ年末にお届けいたしました。

東日本大震災直後に始まったチャリティコンサートですので振り返ると足掛け8年になりました。多くの方々に支えられてのコンサートなのだと今回は心から感謝しました。あれからもう8年、まだ8年悲喜交々いろんな思いを背負って生きておられる姿を心から尊敬します。

福島のNPO法人シャロームの代表Oさんのお話をお伺いして、今までと違う何かが始まろうとしている。そんな希望と熱い思いが伝わってまいりました。そんな2020東京オリンピック・パラリンピック、様々に熱い思いが交差してまた素敵なドラマが生まれていくことと思います

今回は「聖火」をテーマにオリンピックの聖火とラニエロの灯し続ける灯火(聖なる炎)色々と調べながら考えさせられることの多いクリスマスとなりました。

〜聖なる炎〜主人公ラニエロ・ディ・ラニエロの旅路とオリンピックは何もかも違うことばかりで比べることはできませんが、平和への思いは同じかもしれません。

そして、陰日向いずれにしても助けてくれる支えてくれる人がいて一つのことが出来上がっていくことを感じたコンサートでもありました

2020年平和の祭典が、真の平和につながりますように祈りを込めて応援したいと思います

記:管理人


 

Merry Christmas!

Merry Christmas!
今、この時を一緒に雨の日も風の日もどんな時にも一緒に歩いて下さっているイエス様のお誕生日、改めて今日こうして元気に生かされていることに感謝したいと思います。そのような思いで明日、本番に望みます。

The Candlelight 〜聖なる炎〜


 

無窮を指差す北斗の針を仰ぎつつ

Merry Christmas!!

4本の蝋燭に灯りがともりました。

「イエス様、私は騎士たちがあんなに野蛮だとは思いもしなかった。奴らは人を殺してまわり、一日中略奪していた。どうしてあなたはあんな狂信者を得るためにご自身を十字架にかけられたのか、私には全く理解できません・・・」

とは、明日の「独り歌芝居」でのペテロのセリフ

今年の一文字は「北」でした。
あちこちで、戦争と難民、騒乱のニュースが耐えない2017年でもありました。1000年前も現代も人間の本質は変わらないのかもしれません。
「北」といへば北朝鮮だけでなく「北極星」が思い浮かびます。

木枯らし途絶えて冴ゆる空より、地上に降りしくくすしき光よ。
ものみな憩えるしじまのの中に、煌めき揺れつつ星座は巡る。

冬の星座」の歌詞にあるように、無窮を指差す北斗の針を仰ぎながら、平和を祈るコンサートでありたいと思います。1本の蝋燭のともしびをともし続ける主人公と共に人生の旅をいたしましょう。

The Candlelight 〜聖なる炎〜 時田直也の「独り歌芝居」
2017/12/25 Mon 14:00start  at 青谷福音ルーテル教会
チケット ¥3,000


 

歩くんなら、歩導くん!!

今日も今日とてフライヤ〜配り
大倉山から三ノ宮へ・・・歩いて、歩いて10,593歩

立ち寄った神戸市視覚障がい者協会で「今日は点字図書館主催の福祉機器の展示会やってるよ」ということで、ちょっとのぞいてみました。

目に留まったのは立体印刷ができるプリンターと点字ブロック

目から鱗だったのは、大阪八尾市の護謨(ゴム)メーカーが開発している点字ブロック「歩導くん」
緩やかでなめらかな凹凸でカートを引いても引っかからない、それでいて白杖を使って歩いていてもしっかりとキャッチできることに感激!!
八尾から全国へ・・・世界へ・・・と広がって欲しいなぁと思った一品でした
by 風の旅っ子


 

ドアを開ければ

ドアを開け、一歩中に入るとインクの香りが漂い、静かに時が流れていく。静寂のひと時! 近くにありながら、いつも用事だけを済ませてゆっくりとすることのない寂しさを胸に外へ出ます。昨日もクリスマスコンサートのフライヤ〜を館長さんにお渡しして次の目的地へ・・・
やっぱり静かに本を読むのが好きなんやなぁとしみじみと思ったのはドアを開けて外へ出た時でした。
神戸文学館」関学発祥の地に佇む、ヴォーリス建築のチャペル!思わず♪学生時代を口ずさんでおりました。


 

Christmas Charity Baritone Concert ちょこっとお知らせ

テレマンの美しい無伴奏フルートの音色をききながら10月の声を聞いています。このままず〜〜〜っと音楽に浸っていたいような思いがします。が、そう言ってばかりも入られません。秋のコンサートをこなしながら、クリスマスコンサートの準備を始めます。今年はThe Candlelight ~聖なる炎~の再演、公開録音の予定です。今もイタリア、フィレンツェで語り継がれる物語、千年前にタイムスリップしてどうぞお楽しみください。

♫クリスマスチャリティバリトンコンサート The Candlelight 〜聖なる炎〜
12月16日(土)スピカホール(佐用町)
12月25日(月)青谷福音ルーテル教会(神戸市中央区)
14:00開演 チケット¥3,000
今年は2会場での上演です!!

よき秋を楽しみましょう!!