日本歌曲の長〜〜〜い日 神戸波の会50周年記念演奏会

昨日、神戸波の会50周年記念演奏会、本番終了!
今日はしばしの休息をとっています。

あぁ、それにしても昨日はなが〜〜〜〜〜〜い一日でした。なんせ25人の素晴らしい歌い手の皆様の仲間に入れていただき、素敵なピアニストの伴奏に伴われて歌うことが出来、感謝でした。

楽屋で待っている時、先輩方との談笑の中で「長いな〜〜〜」を連発しあっておりました。私の楽屋入りは11:00過ぎ(神戸マラソンの交通規制をかいくぐり・・・)リハーサル11:30過ぎに終了!それから待つこと・・・・本番まで5時間あまり

16:00開演、第一部6番目に出演でした。一部、二部、三部、それぞれ5分強押しでプログラムが進み、終演は19:40ころ、出演者全員と会場いっぱいのお客様ご一緒に「赤とんぼ」の大合唱!送り出しを終えたのは20:00をすぎておりました。

「日本の歌曲」ざんまい! 改めて、日本の歌の奥深さを味わうことが出来た一日でした。

打ち上げの最後に語られた、吉武先生のお言葉が心に沁みました。
これから私も発生を磨き、感性を磨き、美しい日本の言葉を大切に歌い続けてゆきたいとあらてめて思いました。

写真は伴奏してくださった、ピアニストの幸野さんと終演後ロビーにて

#神戸波の会 #美しい日本の歌 #神戸新聞 #松方ホール


 

神戸波の会 50周年記念演奏会

暑い夏が過ぎると涼しい秋がやってくることを期待しています。虫の声が鳥の声がどんな風に聞こえてくるでしょうか?!風の涼しさや木の香りをどのように感じるでしょうか?このような美しい日本のうたが自然をイメージさせてくれます。11月13日(日)松方ホールで素晴らしい先生方とご一緒に出演をさせていただきます。皆様と共に美しい日本のことばとうたを満喫いたしましょう!!
チケットは「時田直也WEBshop」http://naokaze.com/shopでお求めいただけます

♪〜〜♪〜♪〜〜〜〜♪〜〜

美しい、日本のことばとうたを

神戸波の会

50周年記念演奏会

平成30年(2108年)11月18日(日)
16:00開演(15:30開場)
入場料 2,000円

神戸新聞松方ホール
JR神戸駅・神戸高速鉄道高速神戸駅下車、南へ徒歩10分)

出演 
安藝榮子(宵待草) 秋山文代(星合いの夜) 阿部英一郎(出船の港) 荒田裕子(浜辺の歌) 猪澤文人(君が欲しい) 老田裕子(風のまち) 岡田征士郎(荒城の月) 上平憲子(水色のワルツ) 神田裕史(その時Ⅰ・Ⅱ) 喜多あゆみ(からたちの花) 栗木充代(落葉松) 佐々木倫子(舟歌) 澤井宏仁(野の羊) 清水光彦(丹沢) 末廣亜矢子(悲しくなったときは) 田中潤子(愛) 坪田雪(初恋) 時田直也(筏ぶし) 豊田典子(お菓子と娘) 林裕美子(くちなし) 宮本泰江(早春賦) 山本憲子(城ヶ島の雨) 米良知之(出船) 薬谷佳苗(奈良山) 吉武クニ子(椿) ・・・他

主催 神戸波の会
共催 神戸新聞者・(一財)神戸新聞文化財団
後援 兵庫県 兵庫県教育委員会 (公財)兵庫県芸術文化協会 兵庫県音楽活動推進会議 神戸市 神戸市教育委員会 (公財)神戸市民文化振興財団 ひょうご日本歌曲の会

お問合わせ
神戸波の会事務局 電話・fax 078-997-8831(下村)
神戸コンサート協会 電話 078-805-6351   fax 078-805-6352

チケットは「時田直也WEBshop」http://naokaze.com/shop