クラーク記念国際高等学校【歌うことは希望を語ること】

三年ぶり、4回目、お招きいただきコンサートをさせて頂きました^_^

Yキャンパス長ご夫妻 はじめ先生がたとの再会、「お互い変わりませんねぇ」の挨拶で、生徒のみなさんも良い雰囲気で聴いて下さいました。

コンサートが終わった後の語らいのひと時も和やかな良い時間を過ごさせていただきました。

→クラーク記念国際高等学校豊岡キャンパスのNewsページです


 

サロンコンサート 木口記念財団 交流ホールコンサート

寒中お見舞い申し上げます。
元気だと思っていましたが、2月に入ってインフルエンザにつかまってしまいました。寝ること1週間・・・でも、声には今回はそれほど影響はなかったのでホッとしています。そしてもう、すっかりこの菌も出て行きました^^ /

2月6日の木口記念会館:交流ホールでのコンサートは会場いっぱいに来場くださった皆様の暖かい雰囲気に包まれて、歌いました!!インフルエンザもなんのその!!

終演後 木口様と

 

 

 

 

 


 

サロンコンサート 木口記念財団他 本日の予定

本番当日になりました
本日2月6日 13:30start 木口記念財団にてのサロンコンサート

冬の情景を歌います
北風小僧を吹き飛ばしましょう!!

ちょっと雨模様ですが、開演頃には雨は上がっているでしょうか!

インフルエンザも通り過ぎ、元気になりました。
先週お休みをした「ほっこりさん 」も今晩20:00startでお届けの予定です

どうぞ、お楽しみに!!
会場で、ネットでお会いできますのを楽しみにいたしております


 

Concert 風はどこからくるのでしょう・・・ 木口記念会館ロビーコンサート

2月6日お招きいただいている木口記念会館ロビーコンサート

チラシのタイトルは、”わたしにとって「風」は音楽です そして「音楽」もまた風なのです”

エッセイ集”風ふく道で〜光の声をききながら〜”の見開きのことばを選んでくださっています。生後6ヶ月で5月のそよ風に体全身で喜びを表したあの時から、その時々に様々な風を感じながら今日まで歌って参りました。

風はどこからくるのでしょう?
そして、2月6日はどんな風が吹くのでしょう!?
楽しみにしながら、冬の木枯らしを感じながら準備をしております!

エッセイ集は「時田直也WEBshop」にてお求めいただけます

 

Lobby Concert / 私にとって「風」は音楽です そして「音楽」もまた風なのです

木口記念会館ロビーコンサート Vol.13

私にとって「風」は音楽です
そして「音楽」もまた風なのです

弾き歌い 時田直也 バリトンコンサート

♪雪の降る町を ♪鞠と殿様 ♪あわてどこや ♪菩提樹 ♪上を向いて歩こう 他

2019/2/6 水曜 13:30 開演

会場:木口記念会館1F 交流ホール

神戸の街を見下ろして、百万ドルの夜景の前のコンサート

トラストグレイス御影 2年ぶりにお伺い致しました。

知人Iさんのご主人様が思いがけず逝去された後でしたので、2年前はお会いできたのにと思うと奥様になんとお声をお掛けしていいものか・・・と思いっているうちに時間が過ぎて行きました。

スタッフの方から、「時田先生のファンの方からお手紙をお預かりしています」と言って受け取ったお手紙は、小学校のN校長先生からでした。
お手紙に添えて「十字架のネックレス」を頂戴し、小学校でのコンサートにお招きいただいた折々のことを思い出しました。

何度か聴いてくださっている方もあり、新しい出会いあり、和やかな雰囲気の中でのゆったりとしたコンサートでした。

#出演依頼


 

クリスチャン新聞「福音版」10月号 ひと その あしあと 〜今月の人〜声楽家 時田直也さん

巻頭言は #コリント人への手紙第一 10章13節
神は真実な方です。あなた方を耐えられないような試練にあわせることはなさいません。むしろ・・・脱出の道も備えていてくださいます。

#ヨセフ の物語を通して語られる人とひととの出会いの数々を思い出しながら、脱出の道は備えられているけれど、随分と長〜〜〜い道のりがあったのだと改めて教えられました。インスタントに今の環境から脱出したいと思うのが人情というものですが、神様のプログラムは時間をかけてゆっくりと進むこともあるんですね。そして、最も良き時に良いことをして下さる!しみじみと心に残ります。

クリスチャン新聞「福音版」お求めは・・・→

ひと その あしあと #クリスチャン新聞 「#福音版」10月号 No505
掲載されました

「見えないことは不便だが不幸ではない」今月の人 ー 声楽家 #時田直也 さん


 

また明日からがんばろう

先日は素晴らしい歌声と楽しく、心あたたまるお話しのコンサートをありがとうございました。・・略・・ 世間ではよく専業主婦は・・・と手厳しく言われることが多いですが、幼児を持つ母親が自分の時間を持つということはむずかしいことです。まして、コンサートに出かけることなど稀なことで今回は時田さんのおかげでほんとに楽しいひと時を過ごすことができました。また、小さい子供たちのためにプログラムになかった曲をたくさん取り入れていただき、お心遣いにうれしい気持ちでいっぱいになりました。「クラリネットを壊しちゃった」の歌は時田さんのように短調で歌うべきだなと心の中で思いさっそく子供の前で歌うと喜んでいっしょに泣き顔になって歌っていました。「はりのあるバリトン」という言葉ではとても言い表されませんが、男性の伸びやかな、力強い歌声はすてきだと思いました。「アメージンググレイス」などとても好きな曲でしたので家で口づさんでいると5才の娘が「いい歌だ」と言っておりました。また明日から頑張ろうと元気をたくさんいただいたコンサートでした。・・・略・・・


親子で楽しめるコンサートをこれからも続けてゆきたいと思います
幼稚園・小学校でのコンサートのご依頼、お気軽にお声掛けくださいませ

Concert依頼・・・→