大切な人がまた一人天国へ・・・【風ふく道で】

先日少年時代を豊かなものにしてくれたH.K.さんが召天されました。

前夜式、告別式と参列することができ感謝とともに心にぽっかり穴が空いてしまいました。

懐かしい思い出、この方との出会いが無かったら今の自分はどうなっていたのだろうかと思います。

大事な人がまた一人天国に召されました

天での再会が約束されてはいますが、やはりこの寂しさは特別なものです。ご家族の悲しみはいかばかりかと思いを馳せながら過ごすここ数日です。

命は本当に厳粛なものだということを改めて心に刻みました。


エッセイ集「風ふく道で〜光の声をききながら」


 

十字架の血に【歌うことは希望を語ること】

阪神淡路大震災1ヶ月後に天に召された父の愛唱歌

#十字架の血に
作詞・作曲 Lewis Hartsough–1828-1919
Baritone & Piano 時田直也

#ルーテルアワー「#心に光を」の50周年記念に寄稿しました

せつない夜明けにイエス様の光が

ルーテルアワー「心に光を」50周年おめでとうございます。このネット社会の中でイエス様の福音がラジオの電波を通して伝えられていることは本当に素晴らしいことだと思います。今のこの社会はどの世代の人にとっても生きにくい時代、そのような中で限られた時間内で福音を伝えておられる方々に頭の下がる思いです。私も何度かインタビューをしていただいたり、コンサートにお招きいただきました。ラジオ牧師の有木義岳先生に洗礼を授けていただいたことも懐かしく思い返しております。何より震災後に天に召された父は学生時代療養生活の中でこの番組の前身である「この人を見よ」を聴いて福音に触れ、イエス・キリストと出会いました。父は肺を切除し呼吸器系の病気で中学時代は長い療養生活を強いられました。何の希望も持てず悶々としていた時、ラジオから聞こえてくる美しい賛美歌とともに語られる聖書からのメッセージが砂地に水が入って行くように父の心に染み込んでゆきました。「自分で生きているのではなく、天地宇宙を創造された神様によって活かされている。」このことを知った時、父の心に今まで経験したことのない喜びが溢れてきました。福音に希望を見出した父は、少しづつ元気になり、病弱ながらも自営業を営むようになりました。結婚し、私が生まれ、我が子が生涯目が見えるようにはならないと診断された時は本当にショックだったようですが、その時も聖書の言葉がありました。「あなたがたの中で善い業を始められた方が、キリスト・イエスの日までに、その業を成し遂げて下さると、わたしは確信しています。」(フィリピ1:6)そんな父は生まれつき目の見えない私に繰り返し繰り返し語ってくれました。「お前が生まれてきてくれて本当に嬉しかった。お前は神様の尊い作品として創造されたのだから、苦しいことや悲しいことがあっても自分の力に頼るのではなく共に歩んで下さる主イエス様から力を頂き、イエス様と共に歩んで行きなさい。そして自らを捧げてゆきなさい。」この言葉は私の心に中に今も刻みつけれらています。このルーテルアワー福音放送がなければ父はイエス様に出会うことがなかったでしょう。今のわたしもなかったかもしれません。父が経験したように、誰にも言えない悩みを抱えながら眠れない日々を過ごしている人の心に今もこれからも光を届けて下さるイエス様の福音が伝え続けられますようにと願ってやみません。

声楽家/Baritone 時田直也

西日本福音ルーテル教会・青谷福音ルーテル教会会員


 

雪の降る町を【歌うことは希望を語ること】


Youtubeチャネンル登録をよろしくお願いします

#阪神淡路大震災 で自宅が全壊し、その1ヶ月後に父が亡くなり、・・・
一人ひとりに大きな喪失感があり
今でも心の傷を抱えている方々がおられることと思います
こんな現実を思う時にこの歌の旋律と歌詞が胸に響いてきます

雪の降る町を
作詞:内村直也 作曲:中田喜直
Baritone & Piano 時田直也

#ほっこりさん 2019/02/06REC
リクエスト承り中

#歌うことは希望を語ること #心ほっこり #騒いでいた心は静まり #美しい日本のことば


 

上方落語を聞く会at ABC、今年も午後から落語三昧

今日は117回上方落語を聞く会
午後から8時間落語三昧でした^^
上方落語の世代が新しくなり、桂米団治さんが大トリでした。
松鶴、米朝、小文枝、春団治の四天王と言われていた時代から聞いてきましたが、世代が代わっても落語の魅力は衰えることはありません。これからも落語ファンを続けて行きたいと思います。
でも、最近ちょっとだけ残念なのは古典落語の香りを本当の意味でかがせてくれるような噺家さんが少なくなってきたような気もします。贅沢でしょうか・・・
時代の流れでしょうか・・・

サロンコンサート 木口記念財団 交流ホールコンサート

寒中お見舞い申し上げます。
元気だと思っていましたが、2月に入ってインフルエンザにつかまってしまいました。寝ること1週間・・・でも、声には今回はそれほど影響はなかったのでホッとしています。そしてもう、すっかりこの菌も出て行きました^^ /

2月6日の木口記念会館:交流ホールでのコンサートは会場いっぱいに来場くださった皆様の暖かい雰囲気に包まれて、歌いました!!インフルエンザもなんのその!!

終演後 木口様と

 

 

 

 

 


 

サロンコンサート 木口記念財団他 本日の予定

本番当日になりました
本日2月6日 13:30start 木口記念財団にてのサロンコンサート

冬の情景を歌います
北風小僧を吹き飛ばしましょう!!

ちょっと雨模様ですが、開演頃には雨は上がっているでしょうか!

インフルエンザも通り過ぎ、元気になりました。
先週お休みをした「ほっこりさん 」も今晩20:00startでお届けの予定です

どうぞ、お楽しみに!!
会場で、ネットでお会いできますのを楽しみにいたしております


 

1.17阪神・淡路大震災 今年もこの日がやってきました

1月17日、今年もまたこの日がやってきました。

震災の年に生まれた子供は今年で24歳、赤ちゃんから青年に成長する程長い年月が過ぎていきました。自分にとって長かったのか、短かったのか・・・わかりませんが、とにかくこの24年は神様によって持ち運ばれた日々の積み重ねだったと思います。これを機に急に何かが変わる訳ではありませんが、今あるところから一歩、また一歩と踏み出して行こうと思います。

夕方東遊園地に着いたのはちょうど5:46分、たくさんの方々とひと時黙祷を捧げました。


 

Concert 風はどこからくるのでしょう・・・ 木口記念会館ロビーコンサート

2月6日お招きいただいている木口記念会館ロビーコンサート

チラシのタイトルは、”わたしにとって「風」は音楽です そして「音楽」もまた風なのです”

エッセイ集”風ふく道で〜光の声をききながら〜”の見開きのことばを選んでくださっています。生後6ヶ月で5月のそよ風に体全身で喜びを表したあの時から、その時々に様々な風を感じながら今日まで歌って参りました。

風はどこからくるのでしょう?
そして、2月6日はどんな風が吹くのでしょう!?
楽しみにしながら、冬の木枯らしを感じながら準備をしております!

エッセイ集は「時田直也WEBshop」にてお求めいただけます