気持ちを切り替えて

事務の仕事はバタバタでもできるけど、ステージやライブはそうはいかない!! 15年も一緒にいるのに、今日はちょっとそこらへんのことが読み違えておりましたね><。反省!! 悔い改めにふさわしい実を結べるように、気持ちを切り替えて参りたいと思います。最近余裕ないよな〜〜〜と思います。(涙)

by 風の旅っ子


 

来週お会いいたしましょう〜

帰りが思ったよりも遅くなってしまいました><
「となりの熊さん」の聖書朗読ライブ、間に合わなくなってしまい、残念ながら今日はお休みさせていただきました。Time Keep、もう少し余裕を持ってしなければいけません。反省して、次へ進みたいと思います。 年やな〜〜〜と感じた一日でした。楽しみに聞いて頂いている皆様申し訳ございませんでした。来週はいつものように今日の予定の箇所から始めたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

by風の旅っ子


 

ついていけない・・・ ^ ^ ;

黒ネコさんのHP様式が変わってから初めてネットで集荷依頼。データ入力をして、「あれ、送り状出すの忘れた???」と思ってC2でもう一度初めから送り状作成、荷物の準備を整えて外出!予定どうり集荷には来てくださって一安心 。ふと、テーブルの上に作成した送り状の控えがそのまま残っている???ということで、送り状作成は必要なかったようです(汗汗)賢すぎて、ついていけない・・・、でも便利になりました〜〜!!

明後日から「しあわせの村」へ行ってきます。関西盲人宣教会主催のサマーバイブルキャンプです。講師は神戸ルーテル神学校校長正木牧人先生!
2日目、25日14:00start 研修館ホールで「時田直也のコンサート」
一部参加も可能です!
ゆっくり温泉に入りながら、ゆったりとしませんか!

「となりの熊さん」は情熱を込めて準備中!!

by風の旅っ子


 

Desk Work today

今日は朝から一日デスクワーク、
12月のクリスマスコンサート&そよ風ミュージックルーム受講生募集中!のフライヤーなんとかまとまりました。
先日の11.11のコンサートフライヤーも早々と届きました。

「となりの熊さん」は来週のコンサート2つに向けてせっせと準備中!

11.11のフライヤーを早速、事務所玄関先に掲示したのですが、
義母が帰ってくるなり、
「死と復活の予告」なにこれ・・・
お義母さん「マタイによる福音書」でんがな・・・
と、言いながら秋のコンサートの準備が始まりました

今日は10月29日の宗教改革500周年祝祭礼拝の楽譜も届いたしまずまずの滑り出しです
それにしても、暑かった ><;

エアコンの掃除しなくっちゃ


写真撮るのも忘れて舌鼓

このおいしいものはなんじゃろ〜
写真撮るのも忘れて舌鼓!

こんばんはご近所の「なんじゃろ?」さんでDinerでした。
オードブル、エンドウ豆の冷製スープ、ドリンクは自家製ジンジャエールに、白ワインはfromフランス、シェフお勧めの今日のメインは「鱧のフライ、亀の甲赤ワイン煮込み」、デザートはプラム&アイス、最後はホットコーヒーで締めました。
写真を撮ろうと思ったのですが、おいしさについついお箸が進み、気がついたら写真を撮るのを忘れて舌鼓を打ってました ^^

「なんじゃろ?」さんいつも幸せな気分でお店を後にします。
お値段もリーズナブル!!
ということで、今年の記念日は洋食でした!!

帰りは食後の運動でHAT神戸まで散歩。震災記念館のライトアップが綺麗でした。


 

みちかいの虹を・・・

疲れしこころをなぐさむる愛よ・・・で始まる賛美歌360番、作詞はGeorge Matheson,1882

流れるようなメロディにあわせて歌詞が静かに心にす〜〜っと入ってきます。
3節の「みちかいの虹を あおぎ望みつつ みちをたどら
全盲の彼の心の空にはどんな虹がかかっていたのでしょう。

ミュージックルームでここ数ヶ月歌ってきた曲、私にとっては初めて出会った曲なのですが、彼のメッセージ(カウマン夫人著:荒野の泉でよく読みました)を思い出しながら、心静かに慰められ、歌い続けてゆきたい1曲になりました。

レッスン終わって帰り道、いろいろ頭の中を思いついたことが駆け回っていましたが、やっぱり「となりの熊さん」の選ぶ曲は讃美歌/HYMNSなんやなぁ・・・、としみじみと思いました。時を超えて心にしみわたってくるメッセージと曲をこれからも一緒に歌いましょう!!
ということで、そよ風ミュージックルーム「和Gospel」から「讃美歌(HYMNS)」へ戻します。m(_ _)m

by 風の旅っ子
(讃美歌物語・・・疲れしこころをなぐさむる愛よ・・・ジョージ・マセソンの苦悩と信仰・・・」by高橋裕士


 

It’s Movie time

Movie timeの朝でした
“Miracles from Heaven”

信仰、家族、隣人、社会・・・についていろんなことを思いました。
そんな中で、子供達の病気の現実を垣間見て、現実の苦しさと悲しみが心にしみてきます。小児科ホスピスをされている知人のN先生のことが思い出され、その現実の大変さを思うと言葉がありません。

それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。 (コリ1 13:13)
この聖書の言葉が心の中で静かに響いています。

by 風の旅っ子