花 すべての人の心に花を【歌うことは希望を語ること】

喜納昌吉さんでこの歌を聴いた時、雷の打たれたような衝撃を感じると共に心の深いところになんとも言えない安らぎを感じました。明日は3月11日、東日本大震災から8年を迎えようとしています。この震災でのショックは想像をすることが出来ません。2019年の今、本当に心のそこから笑い、心のそこから泣くという当たり前のようで当たり前ではないこの奇跡を味わってみたいと思います。

花 すべての人の心に花を
作詞・作曲:喜納昌吉
Baritone & Piano 時田直也
ほっこりさんにて 2019/2/27REC

#歌うことは希望を語ること #美しい日本のことばを大切 に #心ほっこりする 歌をお届けします。#騒いでいた心は #静まってゆくことでしょう


 

マフラーは外して・・・

ここ数日寒い日が続いていますが、日差しはすっかり春ですね。
コートは着てもマフラーは外して、少し歩けば汗ばんできます。
あ・・・どうしよう、時間が・・・と思っていた確定申告も申告書がやっと書きあがりホッとしています。もっと早くに仕上げようと毎年焦りながら電卓を叩いていましたが、今年は15日に間に合えばまぁいいかと思うと少し気分が楽になりました。後は明後日提出に行きま〜す。

千の風になって【歌うことは希望を語ること】

千の風になって
訳詞・作曲:新井満
Baritone & Piano 時田直也

24年前に他界した父のことば
「おまえが生まれてきてくれて本当に嬉しかった」
今なお、心の深いところに響きわたっています

お聴きくださる方の心に千の風が吹き渡りますように

ほっこりさんにて 2019/2/27REC

#歌うことは希望を語ること #美しい日本のことばを大切 に #心ほっこりする 歌をお届けします。#騒いでいた心は #静まってゆくことでしょう

時田直也音楽事務所

on the Stage

時田直也WEBshop http://naokaze.com/shop
時田直也出演依頼 http://naokaze.com/request


 

この道【歌うことは希望を語ること】

この道
作詞:北原白秋 作曲:山田耕筰
Baritone & Piano 時田直也

人それぞれに「この道」があると思います
人生の折にふれて思い出す風景、札幌の時計台だけでなく、聴いてくださる方の心にそれぞれの風景を思い浮かべていただければ幸いです

ほっこりさんにて 2019/2/27REC

#歌うことは希望を語ること #美しい日本のことばを大切 に #心ほっこりする 歌をお届けします。#騒いでいた心は #静まってゆくことでしょう

時田直也音楽事務所

on the Stage

時田直也WEBshop http://naokaze.com/shop
時田直也出演依頼 http://naokaze.com/request


 

ほっこりさん 2019/02/27 この道

一日の仕事を終え「まだ終わってないわい」という人も
しばしの時間、時田直也のホットなトークと弾き歌いで
ゆったり、ほっこり!!

Baritone & Piano 時田直也
#ほっこりさん 2019/02/27REC

♪ほっこりしよう(詞・曲:時田直也)

♪この道
♪千の風になって
♪花〜すべての人の心に花を
♪My Singing Life

piano
♪み言葉をください

リクエスト受付中!
baritone@naokaze.com

Youtube
チャンネル登録をよろしくお願い致します

「#時田直也のVoice Letter ほっこりさん」
https://www.facebook.com/NaoyaTokitaConcert/
毎月最終水曜日 20:00start 配信しています
リクエストお待ちしています HP→Contactからどうぞ

時田直也音楽事務所

on the Stage

時田直也WEBshop http://naokaze.com/shop
時田直也出演依頼 http://naokaze.com/request
#歌うことは希望を語ること #心ほっこり #美しい日本のことば #騒いでいた心は静まり


 

時田直也の「ほっこりさん 」月の最終水曜日20:00start

今日は2月27日、2月の最終水曜日

聖書朗読は小休止!

毎月最終水曜日20:00start 時田直也の「ほっこりさん 」

fb風ふく道で〜光の声をききながら〜時田直也のコンサート にてライブ配信です

テーマは「この道」

歌とトークで御楽しみください
どんな歌を歌うかは・・・Loveをお楽しみに!!^ ^


 

十字架の血に【歌うことは希望を語ること】

阪神淡路大震災1ヶ月後に天に召された父の愛唱歌

#十字架の血に
作詞・作曲 Lewis Hartsough–1828-1919
Baritone & Piano 時田直也

#ルーテルアワー「#心に光を」の50周年記念に寄稿しました

せつない夜明けにイエス様の光が

ルーテルアワー「心に光を」50周年おめでとうございます。このネット社会の中でイエス様の福音がラジオの電波を通して伝えられていることは本当に素晴らしいことだと思います。今のこの社会はどの世代の人にとっても生きにくい時代、そのような中で限られた時間内で福音を伝えておられる方々に頭の下がる思いです。私も何度かインタビューをしていただいたり、コンサートにお招きいただきました。ラジオ牧師の有木義岳先生に洗礼を授けていただいたことも懐かしく思い返しております。何より震災後に天に召された父は学生時代療養生活の中でこの番組の前身である「この人を見よ」を聴いて福音に触れ、イエス・キリストと出会いました。父は肺を切除し呼吸器系の病気で中学時代は長い療養生活を強いられました。何の希望も持てず悶々としていた時、ラジオから聞こえてくる美しい賛美歌とともに語られる聖書からのメッセージが砂地に水が入って行くように父の心に染み込んでゆきました。「自分で生きているのではなく、天地宇宙を創造された神様によって活かされている。」このことを知った時、父の心に今まで経験したことのない喜びが溢れてきました。福音に希望を見出した父は、少しづつ元気になり、病弱ながらも自営業を営むようになりました。結婚し、私が生まれ、我が子が生涯目が見えるようにはならないと診断された時は本当にショックだったようですが、その時も聖書の言葉がありました。「あなたがたの中で善い業を始められた方が、キリスト・イエスの日までに、その業を成し遂げて下さると、わたしは確信しています。」(フィリピ1:6)そんな父は生まれつき目の見えない私に繰り返し繰り返し語ってくれました。「お前が生まれてきてくれて本当に嬉しかった。お前は神様の尊い作品として創造されたのだから、苦しいことや悲しいことがあっても自分の力に頼るのではなく共に歩んで下さる主イエス様から力を頂き、イエス様と共に歩んで行きなさい。そして自らを捧げてゆきなさい。」この言葉は私の心に中に今も刻みつけれらています。このルーテルアワー福音放送がなければ父はイエス様に出会うことがなかったでしょう。今のわたしもなかったかもしれません。父が経験したように、誰にも言えない悩みを抱えながら眠れない日々を過ごしている人の心に今もこれからも光を届けて下さるイエス様の福音が伝え続けられますようにと願ってやみません。

声楽家/Baritone 時田直也

西日本福音ルーテル教会・青谷福音ルーテル教会会員


 

エレミヤ書30〜32章 聖書朗読ライブ 新しい契約


わたしの律法を彼らの胸の中に授け、彼らの心にそれを記す。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。(エレミヤ31:33)

時田直也の聖書朗読ライブ
#エレミヤ書 30〜32章 (#新共同訳 #旧約聖書)
「新しい契約」
公開は2019/ 2/20より1ヶ月

挿入歌
♪十字架の血に

テーマソング
#神はわがやぐら
#草は枯れ花は散る
詩:新共同訳聖書 ペテロⅠ 1:24
作曲:時田直也

なんで聖書朗読を? http://naokaze.com/my-life-work

毎週水曜20:00start 「fb風ふく道で〜光の声をききながら〜時田直也のコンサート」にてOn Air


 

誕生、終わりました 次回は荒れ野にて

マタイによる福音書コンサートが始まりました

これからイエス・キリストの生涯をたどり、また皆さんと一緒に歌うことができますことを心から喜んでいます。

神様が人となってこの地上に来られ、弱った人、見下げられていた人たちによりそっていかれ、十字架に掛けられ、3日目に復活された驚くべき事実をご一緒に辿りながら心から歌って参りましょう。

次回は4月26日(金)10:30~ at 青谷福音ルーテル教会
荒れ野にて


 

誕生 マタイ1〜2章 チャペルコンサート 

Matthew The Gospel Concert
マタイによる福音書コンサート~ 幸い ~

1〜2章 誕生 終演いたしました

時田のソロより、皆さんで歌う曲が多いこのシリーズ
今日は12曲歌いました〜〜〜!! ピアノ生伴奏で!!

今回のシリーズの主役は会場に来てくださった皆様です!!

楽しかった〜〜との声をたくさんいただきました。
ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

次回は4月26日(金)10:30~ at 青谷福音ルーテル教会
3〜4章 荒野にて・・・

荒野での3つの試練から朗読と歌で綴って参ります
ご一緒に讃美歌を歌いましょう!!

今日は忘れ物多し、の管理人でした
たまたま、礼拝堂の花を活けに来ておられたYIさんが車を出してくださって、忘れ物を取りに家へ・・・開演ギリギリに間に合いました。次回は準備をもう少し余裕を持ってしたいと思います。f^^;